ベイビーサポート産み分けの確率はどうなんでしょ?

ベイビーサポートは産み分けをサポートするゼリーです。その産み分け成功確率は実際の所どうなんでしょうか?ベイビーサポートの確率について調べてみました

産み分けの確率と購入コストの関係は?

f:id:c110qpamsq:20171006200508j:plain

 

ベイビーサポートが余ってしまった方を対象おめでた返金キャンペーンとして、余ったベイビーサポートを1本1,000円で買取!

>>【ベイビーサポート】公式ホームページ<<

 

 

産み分けするということ

 

ベイビーサポートは、現在国内販売数35万本突破しているの人気の男女産み分けゼリーです。そのベイビーサポートは、産み分けを希望するベビ待ちの方にぜひおススメしたい、産み分けサポートゼリーなのです。

 

赤ちゃんが欲しい…でも男の子が欲しい。または、男の子は2人産まれたから次は絶対に女の子が欲しい…

 

そんな望みをもつお母さんや、ベビ待ちの方がたくさんおられます。そして産み分け方法というのは実は数多くあって、神頼み的なものから科学的なものまで様々です。

 

昔から産み分けの方法は色々と考えだされていて、本当に様々なものがあるのですが、昔から伝わる産み分け方法は、迷信的なものが多いのであまりアテになりません。

 

ただ、昔から産み分けたいという願望は強くあったのでしょう。特に日本は男系社会でしたから、今よりも切実だったかもしれません。

 

今はもっと科学的に産み分ける方法があるのですが、その産み分けの確率は気になる所です。もちろん神頼みであれば確率がどうこう言う人は、おられないと思いますが…

 

産み分けクリニックの口コミ

 

産み分けの確率ということを考えるとやはり科学的な方法が確実なように思えます。となると一番産み分け確率が高そうな所といえば…そう産婦人科の専門クリニックでしょう。

 

実際、クリニックでは産み分けの処方をしてくれるのですが、ある口コミによると…

 

1人目が男の子で、次は絶対女の子がいいと思ってました。その思いをクリニックで相談したところ、1か月2万前後かかることがわかりました。

しかも、妊娠するまで毎月かかると言うお話。これでは、いくらお金があっても足りない…ということでほとんど諦めていました。

 

そんなときに検索していると「ベイビーサポート」に行き当たり、そのコストの安さに感心し購入しました。

1か月2万円を考えたらもうダメもとでいいや、と使用しはじめてから3か月めに無事妊娠し出産できました。もちろん女の子でした。本当に感謝です。

 

 

もちろん、クリニックによって差がありますから一概にこれだけかかるとは言えませんが、当然保険外治療になりますからそれなりのコストになることは間違いないでしょう。

こうなると産み分けを希望しても、クリニックにかかるとそのコストが…ということで、産み分けを諦めてしまう人が多いのではないでしょうか?

 

 

ベイビーサポートは、クリニックに比べてずっと低コスト

 

ベイビーサポートっていざ購入しようと思って価格を見ると、ちょっと高いなあと思われるかもしれません。しかし、クリニックでの治療と比べたら、そのコスパの良さは分かっていただけるでしょう。

 

先の口コミでも書かれてましたが、一般家庭では初診で3万円から、その後毎月2万円というのはちょっと気合いを入れて挑まないとキビシい金額ではないでしょうか?

 

もちろん、本格的不妊治療などとなるともう一桁、二桁違ってくるのですが…。いずれにしても子どもを授かるのにもお金がかかってしまう世の中です。

 

そんなときベイビーサポートは、1回あたり高くても1,970円ととてもリーズナブルです。まとめ買いすれば1回1400円以下にもなります。おまけにキャンペーンで、余ったベイビーサポートを買い取ってくれるサービスもあります。

 

コストの事を考えれば、クリニックよりもベイビーサポートの方が何倍もよいと思いますよね。クリニックにしてもベイビーサポートにしても、健康保険も効きません。ならばコストだけを見れば、ベイビーサポートがおススメになります。

 

もっとも、使用するだけで産み分けができるわけではありません。実は使用するそのタイミングが大切なので、しっかり排卵日の特定をしなければなりません。クリニックのメリットとしては、排卵日の特定の精度が高いという点はあります。

 

ただ排卵日の特定は、基礎体温をつける事で自分でもできるので、問題はありません。

 

 

ベイビーサポートの産み分けの確率はクリニックとほぼ同じ?

 

ただ、産み分けとなるとその確率が気になりますよね。いくらベイビーサポートが低コストで産み分けできると言っても、確率が低ければ意味がありません。

 

ベイビーサポートの産み分けの確率は、どのくらい成功の確率があるのでしょうか?実はこれについては、ベイビーサポートの数値は公開されていません。

 

ただ、ベイビーサポートに限らずいわゆる産み分けゼリーを使用した産み分けは多く行われています。そんな中、有名な産婦人科医である池川明博士によると、産み分け成功の確率は、女の子を希望する場合で75~80% 、男の子を希望する場合で80~90%と言われているようです。

もちろん100%の確率はどの方法でも無理です。実際ほぼ100%に近い方法もあるそうですが、これは実験段階であり、あまり現実的ではないそうです。

 

そしてこの、女の子を希望する場合で75~80% 、男の子を希望する場合で80~90%という数値ですが、クリニックで産み分けた場合の数値とほぼ同じだそうです。クリニックでは、ベイビーサポートとはまた違ったゼリーを処方するらしいので、結局方法は同じなのかな?という気もします。もちろん全てのクリニックが同じではないとは思いますが…

 

 

ベイビーサポートはコストも産み分け確率も納得

 

ベイビーサポートは累計35万本も出ているということは、それだけ信頼されているとも考えられます。どれだけの成功率だったのか、なかなか見えないところはありますが、これだけの出荷数があるということは、やはりそれだけの反応があるのだと思います。

 

クリニックでも産み分けを指導しているとの事です。クリニックでの産み分けは、医療機器も最新ですし、なんと言っても医師がついてくれますから安心感があります。そして、信頼もできるでしょう。でも産み分けのコストを計算すれば、もう比較する以前の問題でベイビーサポートの勝ちになるでしょう。

 

一番大切な産み分けの確率にしても、クリニックとあまり変わらないということですが、これは実際に使用するタイミング(排卵日の特定)が一番の問題になります。ここの部分は少しだけクリニックに分があると言えるかもしれません。ただ、排卵日の特定は自分でできる事でもあります。

 

なので、購入コストとしても、大事な産み分けの確率的にもベイビーサポートは良い選択なのでは?と思うのです。

 

>>【ベイビーサポート】公式ホームページ<<