ベイビーサポート産み分けの確率はどうなんでしょ?

ベイビーサポートは男女の産み分けをサポートするゼリーです。その産み分け成功確率は実際の所どうなんでしょうか?ベイビーサポートの確率について調べてみました

男の子を産み分けるさまざまな方法とは?

ベイビーサポートにはボーイとガールの二種類のゼリーがありますが、

男の子を希望する場合はベイビーサポートボーイを使用することになります。

 

男の子になるY精子は、アルカリ性の環境下では活動が活発になる

という特徴があります。

この特性を活かして、ベイビーサポートボーイで膣内をアルカリ性に保てば

Y精子X精子より優位になり、男の子が授かる可能性が高くなるという方法です。

 

しかし、他にも様々な男の子を授かるための方法があるのです。

 

たとえば、最低でも5日間禁欲すると男の子が生まれやすいという

方法があるそうです。これは、ある程度裏付けがあって、

射精の回数が減ると、精子が溜まり1度に放出される精子の数が増加します。

すると、1回の性交における精液中の精子数が増えるので、Y染色体を持つ精子

割合が上がるためだそうです。

 

この方法の注意点として、禁欲日数がある程度以上過ぎてしまうと

逆に受精しにくくなるとされています。

そのため、あまり長期間にわたる禁欲生活は避けた方がよいでしょう。

 

また、Y染色体精子は、熱に弱いとされています。

そのため長風呂や通気性の悪い下着は避けましょう。

 

他にもクリニックで処方される、リンカルを摂取するという方法があります。

 

もともと赤ちゃんの先天性異常を予防するために、

サプリメントとしてリンカル(リン酸カルシウム)が処方されていました。

 

ところが、リンカルを服用した女性から産まれた赤ちゃんの性別が

ほとんど男の子だったため、男の子産み分けの方法として

処方されるようになりました。

 

リンカルを希望する場合は、産み分けを指導を行っている

クリニックで処方しています。

ただし、ベイビーサポートと共にリンカルの摂取を考えている場合は、

必ずドクターに相談のしてから処方してもらうようにしましょう。

 

>>【ベイビーサポート】公式ホームページ<<