ベイビーサポート産み分けの確率はどうなんでしょ?

ベイビーサポートは産み分けをサポートするゼリーです。その産み分け成功確率は実際の所どうなんでしょうか?ベイビーサポートの確率について調べてみました

産み分けができるしくみとその使い方

f:id:c110qpamsq:20171002231224j:plain

 

ベイビーサポートはph値をコントロールして

産み分けをサポートします。

たとえば男の子となるY染色体は、

アルカリ性に強く酸性には弱いという特徴があり、

女の子となるX染色体は酸性に強くアルカリ性には

弱いという逆の特徴があるのです。

 

このそれぞれの特徴を生かし、

男の子が欲しい場合にはベイビーサポートボーイを

使うと膣内がアルカリ性に保たれ、

Y染色体を持つ精子が優位になります。

 

逆に女の子を希望する場合は、

ベイビーサポートガールを使用すると、

膣内は酸性に保たれ、

X染色体の精子が優位になります。

 

 

女の子を希望する場合、

ベイビーサポートガールの使い方

 

先に書いてあるように、女の子を希望する場合は

X染色体の精子に有利な環境を整えることが大切です。

また性交渉は排卵2日前に行うこと。

 

これは、通常膣内は酸性に保たれているのですが、

排卵日にはアルカリ性に傾くという性質があります。

このため女の子を希望する場合、X染色体の精子

優位になるように、膣内が酸性になっている状態の

排卵日前がタイミングとなります。

 

また、寿命が23日とY染色体よりも長いため

排卵日より早めに準備しておく事でより女の子になる

X染色体が残りやすくなります。

 

 

男の子を希望する場合、

ベイビーサポートボーイの使い方

 

男の子を希望した場合Y染色体の精子

受精しやすい環境を整える必要があります。

まず、排卵日当日がゼリーの使用日で

性交もこの当日に行ってください。

 

Y精子X精子より相対数が多く運動能力が高い

という特徴があるのですが、

膣内の酸性環境では弱められるため、

男女の産み分け確率は半々であると言われています。

 

そこで、最も酸性値が低くなる排卵日当日に、

膣内をアルカリ性に傾けるベイビーサポートボーイを

使用すると、酸性値がさらに下がりY精子優位となります。

アルカリ性に傾いた環境では、

本来数が多く運動量も豊富なY精子が有利になり

男の子が生まれる確率が高くなるのです。

 

ベイビーサポートは、産み分け確率を高めるため

タイミングを測って使用する必要があるのです。

 

>>【ベイビーサポート】公式ホームページ<<