ベイビーサポート産み分けの確率はどうなんでしょ?

ベイビーサポートは産み分けをサポートするゼリーです。その産み分け成功確率は実際の所どうなんでしょうか?ベイビーサポートの確率について調べてみました

ベイビーサポートの使い方で難しい点は?

f:id:c110qpamsq:20171002232049j:plain

 

ベイビーサポートの使い方は

難しいのでしょうか?

いえそんな事はありません。

使うタイミングさえ間違わなければ

とても期待のできるものなのです。

 

ただし、ひとつだけ大事な事があります。

それは、排卵日の特定なのです。

しかも正確な特定が必要なのです。

なぜなら、ベイビーサポートの使い方や

タイミングは全てこの排卵日を起点として

その前後になるからなのです。

 

例えば女の子を希望する場合は、

排卵日の2日前がチャレンジする日となり

男の子を希望する場合は、

排卵日当日がチャレンジする日となります。

いずれもベイビーサポートガール、

ボーイと使うゼリーも違います。

 

排卵日を特定する方法ですが、

これはマメに基礎体温

記録する方法が一般的です。

体温の微妙な変化を見極めて

排卵日を特定するのですが、

これは地味で根気のいる方法です。

また正確性が極めて高い訳でもありません。

 

おススメはクリニックで調べてもらう方法です。

ここでは卵胞チェックという事を行うのですが、

卵胞とは、卵巣内にある袋状の組織です。

卵胞が成長して大きくなると、

排卵が起こり受精に必要な成熟した卵子

卵管を通って子宮内へと送り出されるのです。

排卵時の卵胞の大きさ、成長スピードがある程度

解明されていることもあって、

卵胞チェックをすると、ある程度

排卵日の予測ができるのです。

 

費用は病院やクリニックによって変わりますが、

経膣超音波検査での卵胞チェック検査代としては、

1500~3000円程度のようです。

 

ベイビーサポートでもコストがかかるのに、

またプラスのお金がかかるのか…

と思われますか?

でも、確実に希望を叶えるためなら

十分安いんじゃないかなと思いますよ。

それに、ベイビーサポートは

おめでたキャンペーンと称して、

余ったゼリーの買い取りも

しているようですから、

できるだけ無駄な出費を

抑えることも可能なんです。

 

確実に産み分けの希望を叶えたい時、

ベイビーサポートの使い方としては、

クリニックでの卵胞チェックと

合わせる事をお勧めします。

 

>>【ベイビーサポート】公式ホームページ<<