ベイビーサポート産み分けの確率はどうなんでしょ?

ベイビーサポートは男女の産み分けをサポートするゼリーです。その産み分け成功確率は実際の所どうなんでしょうか?ベイビーサポートの確率について調べてみました

クリニックと産み分けについて

f:id:c110qpamsq:20171002230707j:plain

 

ベイビーサポート以外に男女産み分けの方法としては、

男の子の生まれる確率が高くなるように、

リンカルという内服薬を飲む方法があります。

クリニックで処方される事が多いのですが、

これはひとつ問題があるのです。

 

リンカルは2ヶ月間毎朝夕に服用する必要があって、

これが1回でも欠かせてしまうと、

また最初からやり直しとなるのです。

 

その反面ベイビーサポートであれば、

1回の使用で効果が期待できるので、

安心して使いやすいと思います。

 

もちろんベイビーサポートを使ったからといって、

必ず希望した性別の赤ちゃんが

授かるかどうかは分かりません。

本来産まれてくる赤ちゃんの性別は、

男の子が50%、女の子が50%と平等なのです。

しかし、各種の産み分け方法を行う事で

欲しい性別の確率が上がることは確かなのです。

 

非公式の統計ということで

理解いただきたいのですが、

男女の産み分けを行ったところ、

男の子を希望した人の8191%、

女の子を希望した人の7080%が

希望を叶えられたということです。

 

また、最近では産み分けを病院で

行うことも増えてきましたが、

保険が適用されないため、

費用が高額になってしまうことがあります。

 

ただし、排卵日の特定のためクリニックを

使う事はおススメしたいところです。

ベイビーサポートを始めとして、

さまざまな産み分け方法がありますが

いずれも排卵日の正確な特定が

ポイントとなります。

 

>>【ベイビーサポート】公式ホームページ<<