ベイビーサポート産み分けの確率はどうなんでしょ?

ベイビーサポートは産み分けをサポートするゼリーです。その産み分け成功確率は実際の所どうなんでしょうか?ベイビーサポートの確率について調べてみました

ベイビーサポート産み分け確率をアップする方法

f:id:c110qpamsq:20171013202157j:plain

 

ベイビーサポートが余ってしまった方を対象おめでた返金キャンペーンとして、余ったベイビーサポートを1本1,000円で買取!

>>【ベイビーサポート】公式ホームページ<<

 

ベイビーサポートは、男の子が欲しい、または女の子が欲しいという希望を持っている人に男女産み分け確率アップをサポートしてくれる潤滑ゼリーです。

すでに35万本以上を国内で販売しており、人気の潤滑ゼリーと言えるでしょう。

 

ベイビーサポートは男女産み分けをサポートするというゼリーなのですが、色々疑問や知りたい事があると思いますので、ひとつひとつ解説して行きましょう。

 

産み分けの確率について

 

一番知りたい部分は産み分けの確率なのではないでしょうか。

まず自然妊娠の場合、産まれてくる男女の比率は、

 

100:男105 

 

となっています。少しだけ男が多いですね。

自然に産まれると男子の方が病気等にかかりやすく生存率が落ちるため、少しだけ男の子の産まれる確率が高いのだそうです。

 

自然というのはスゴイですね。実際の統計でもここ50年ほど変わっていないようです。

 

そして、男女の産み分けゼリーなどを使用した場合の産み分け成功の確率は…

 

男の子希望の場合 8090

女の子希望の場合 7580

 

といわれています。残念ながらベイビーサポートを使用した上での数値は公表されていないのでこの数値が当てはまるか否かは不明です。

 

また産み分けゼリーは、どのメーカーでも女の子を希望する方、男の子を希望する方によってゼリーが分かれていますので、パーセンテージも個別に出ています。

 

女の子を希望した場合、弱冠確率が落ちています。これは、自然妊娠でも女の子の確率が少し低い事も影響しているのかと思われます。

 

いずれにしても100%ではないということは、覚えておかなければなりません。

 

またこれも大事な事ですが、もし希望した結果が得られなかった場合でも、気を落とさないという強い覚悟が必要です。

 

産まれてくる赤ちゃんは、あなたを選んで産まれてくると言われています。あなたを信頼して産まれてくるのですから、大事に育ててあげてください。

 

>>【ベイビーサポート】公式ホームページ<<

 

効果についての口コミとは?

 

ベイビーサポートの口コミは公式サイトにはいくつか掲載されています。もっとも、公式以外での口コミはそれほど多くないようです。

 

しかし、知恵袋のようなサイトには、いくつかの口コミが掲載されています。

 

もっともこれらのサイトでは、ベイビーサポート以外の産み分けゼリーも対象となっているので産み分けゼリー全体として捉えた方がよいようです。

なので、産み分けゼリーの効果についての口コミ…と言った方が正しいかもしれません。

 

さてそこで書き込まれている、効果についての口コミですが…

 

一番多いのは、ゼリーの産み分け効果についての質問とそれに対する経験的な口コミです。やはり気になるのは、産み分けの効果があるのか否か?のようです。

 

それに対しての口コミとしては…

 

●希望通りに産まれました。ゼリーを使用した以外は特に何もしていないのですが、基礎体温をつけて排卵日の予想だけはしっかり立てました。

 

 

●男の子を予定して挑戦しましたが女の子を授かりました。二人目はゼリーのお陰か希望の男の子を授かりました。どちらが授かるかは、本当タイミング次第な様な気がします。

産み分け挑戦したとして、授かるのが男の子でも女の子でも、大切な我が子には違いありませんけどね。

 

 

●ピンクゼリー(女の子希望用)を使いましたが、男の子でした。ゼリーは効果はあるとは言われていますが、確実ではないですよね。

でもだれもゼリー使いのプロとかではないから、使い方、タイミングや量の問題とかあったのかもしれません。でも本当の所は分かりません。

 

 

口コミではあまり大成功!というような結果(といっていいのかわかりませんが)は少ないようです。

 

といっても失敗した…と言い切る人もいないようです。むしろ産まれて来た子どもに対して、失敗したということ自体「どうなの?」って思いますもんね。

 

といっても、希望を持つ事は何も悪い事ではありません。胸を張って希望を持ってください。

 

 

さて、そんな中「ベイビーサポートはあやしい?」とか「危険?」などのキーワードで検索されているようです。これは、公式サイトを見て頂いても分かると思うのですが、安全性については最大限の努力を払っていると言えるでしょう。

 

まず、企画から製品化そして販売まですべて国内で行っています。当然原材料も国産です。国産のこだわりは細かい所にまで及んでいて、パッケージやその印刷も国内で調達しています。

 

また、国産だからといって安心できないのが最近状況なのですが、こちらの生産ラインは手術室と同等のクリーンルームという環境の中で生産しています。

 

ここまで徹底しているベイビーサポートであれば、危険とかあやしいとかいうことは製品レベルでは、ほぼないといっても良いのではないでしょうか?

 

ただし、希望が叶わなかったとか、思い通りに行かなかった…といった人の場合、どうしてもベイビーサポートが悪いんだ!と思ってしまうことはあるでしょう。

 

でもそういった内容の口コミを見ていると、いくつか大事な事を抜かしてしまってるようにも思えます。次の項ではその辺りを詳しく探ってみましょう。

 

f:id:c110qpamsq:20171002234241j:plain

 

ベイビーサポートの使い方

 

ベイビーサポートなど産み分けゼリーの口コミで、希望が叶わなかったと言う方には共通のポイントがあると思います。

 

それは、基礎体温排卵日の予測です。もちろん、それらをきっちり調べてはかった上で希望が叶わなかったひともいます。

 

ただ、産み分けはそれこそ確率です。100%はありません。なので、できる事は確率を1%でも上げることだと思います。

 

まずは、ベイビーサポートの使い方を正しくすることが最初の一歩でしょう。

ベイビーサポートの使い方としては、とても簡単です。誰でもそれほど迷いなく使える事でしょう。

 

ただ、大事な事は使うタイミングです。それは、行為の直前といったタイミングではなく、排卵日を中心とした前後がタイミングとなるのです。

 

例えば男の子希望の場合、排卵日当日にベイビーサポートボーイを使用します。そして、女の子を希望する場合、排卵日の2日前がベイビーサポートガールを使用するタイミングなのです。

 

使用するタイミングが決められているのは、産み分けをするための科学的な理由があるのです。

 

ちょっと小難しい話になりますが、男の子になる精子と、女の子になる精子は活性が上がる環境が違うのです。その性質を利用して産み分け確率を上げるのですが、その環境をより整えるために、排卵日のシビアで正確な予測が必要なのです。

 

ベイビーサポートの口コミで、希望が叶わなかったという口コミの人はどのくらい正確に排卵日を予測していたのか?どこまでシビアに計算していたのか?そこがポイントだと思うのです。

 

ベイビーサポートの使い方については、他のサイトでも色々レクチャーされていますが、一番のポイントは正確な排卵日の予想と、使用するタイミングなのです。

 

ハローベビー潤滑ゼリーやピンクゼリー等との違いとは?

いままで産み分けゼリーと言えば、ピンクゼリーやグリーンゼリーが有名でしたが、使い勝手と言う意味ではやはりベイビーサポートの方が断然上でしょう。

 

なぜなら、ピンクゼリーやグリーンゼリーは使用する際に温度を合わせるため、暖めておく必要があります。これでは、ちょっと…ですよね。

 

その後ハローベビーというゼリーが発売され、使い勝手は向上しました。ピンクゼリーのように暖めたりする必要がなくなったのです。

ハローベビーはこれはこれでよい製品です。それまでの使い勝手の悪さを改善して送り出されているのです。

 

ところが、ベイビーサポートは、ハローベビーを研究した上で発売されています。

 

より使い勝手が向上してる点として、ハローベビーより内容量が多い(膣内に潤沢に行き渡る量)という改良点があります。

またより粘度を上げて(膣内に残りやすい)いるという点もあります。

 

この辺りの改善をされているので、やはりベイビーサポートは一歩先んじているといえるでしょう。

 

ベイビーサポートは安くてコスパがいい!

産み分けしたい場合、病院でないとできない…と思っていませんか?しかも高いんじゃないか?…とも。

 

確かに病院で産み分けを希望すれば金額が高くつくことは間違いありません。特に病院での産み分けは保険治療ではないため、相当の覚悟が必要かもです。

 

ちなみに初診料をあわせた費用は、平均約3万円ほどとされています。その上妊娠するまで、毎月2万円は必要になってきます。

 

でも、ベイビーサポートなら病院に行かず産み分けを可能にすることができます。もちろん100%ではありませんが、病院でも100%産み分ける方法はありませんよね。

それよりも、病院に行く費用を抑えて産み分けできればコスパは最高です。

 

そしてコスパでいうともうひとつオトクな事があるのです。

 

ベイビーサポートは、公式サイトで購入できますが、実はアマゾンでも購入できます。ただし、アマゾンで購入すると公式サイトでついてくる特典が使えません。この特典というのが、実は返金キャンペーンなのです。

 

ベイビーサポートは1箱でも購入できますが、3箱まとめて購入もできます。でも3箱も買って、すぐに授かったらどうするの?もったいないじゃない!と思いますよね。

でも公式サイトの特典というのは、もし余ったら1本あたり1,000円で買い取ります!という返金キャンペーンなんです。

 

この返金キャンペーンは実際ありがたいですよね。だって授かったら正直必要ないんですもんね。しかもこの特典がついているから、もしアマゾンで1箱(7本入り)を購入した場合と公式サイトで購入した場合を比較すると6本めまでで授かったら、買い取りで返金があるため公式サイトの方が結果的にお安くなるのです。

 

細かい計算は省きますが、買い取りで返金という特典があるだけでも、なんだか安心できますよね。

 

また価格の比較をベイビーサポートと同じ効果のゼリーと比べてみると、単品購入なら、ピンクゼリーのコスパがいいのですが、なにやら初期費用的なものが5,000円必要なようです。

 

また、「ハローベビーゼリー」と比較すると単品だと「ハローベビーゼリー」の方が安く、まとめ買いだとベイビーサポートの方がお得になります。

 

結果として、3個セットで換算すると、ベイビーサポートが一番コスパが良いようです。その上、返金キャンペーンがあるので3個セットでも価格のハードルは低いのが

嬉しいですね。

 

そしてひとつだけ大事な事ですが、決してオークションやフリマアプリ等で購入しないでください。

 

なぜなら、安全管理に問題があるからです。個人間の取引では使いかけのものを売買することになりますし、ベイビーサポートに限らず産み分けゼリーのような直接体に使用するものは使用期限等が設定されているはずです。

 

もし出品されているものが使用期限内でも、そのゼリーがどのような所で保管されていたのか?これを考えると恐ろしいですよね。

 

なので、ベイビーサポートは決してオークションや、フリマアプリ等で購入しないでください。

 

余ったら買い取ってくれるという返金キャンペーンもあるのですから、安全を第一に考えて購入してください。

 

 

最後に産み分けの確率について

ベイビーサポートは科学的に産み分けをサポートし、その産み分けの確率を高めるためのゼリーです。

 

でも残念ながらどこまで行っても100%の確率はありません。

 

ただ、どんなことでもそうですが、100%に近づける方法はあるのです。男の子が欲しい、女の子を授かりたい…あなたの希望を持ちましょう。

 

確率という現実は確かにあります。でも希望を持つ事はなにも悪い事ではありません。ベイビーサポートは、あなたのその希望をサポートできるのです。

 

>>【ベイビーサポート】公式ホームページ<<

 

 

 

 

 

 

産み分けの確率と購入コストの関係は?

f:id:c110qpamsq:20171006200508j:plain

 

ベイビーサポートが余ってしまった方を対象おめでた返金キャンペーンとして、余ったベイビーサポートを1本1,000円で買取!

>>【ベイビーサポート】公式ホームページ<<

 

 

産み分けするということ

 

ベイビーサポートは、現在国内販売数35万本突破しているの人気の男女産み分けゼリーです。そのベイビーサポートは、産み分けを希望するベビ待ちの方にぜひおススメしたい、産み分けサポートゼリーなのです。

 

赤ちゃんが欲しい…でも男の子が欲しい。または、男の子は2人産まれたから次は絶対に女の子が欲しい…

 

そんな望みをもつお母さんや、ベビ待ちの方がたくさんおられます。そして産み分け方法というのは実は数多くあって、神頼み的なものから科学的なものまで様々です。

 

昔から産み分けの方法は色々と考えだされていて、本当に様々なものがあるのですが、昔から伝わる産み分け方法は、迷信的なものが多いのであまりアテになりません。

 

ただ、昔から産み分けたいという願望は強くあったのでしょう。特に日本は男系社会でしたから、今よりも切実だったかもしれません。

 

今はもっと科学的に産み分ける方法があるのですが、その産み分けの確率は気になる所です。もちろん神頼みであれば確率がどうこう言う人は、おられないと思いますが…

 

産み分けクリニックの口コミ

 

産み分けの確率ということを考えるとやはり科学的な方法が確実なように思えます。となると一番産み分け確率が高そうな所といえば…そう産婦人科の専門クリニックでしょう。

 

実際、クリニックでは産み分けの処方をしてくれるのですが、ある口コミによると…

 

1人目が男の子で、次は絶対女の子がいいと思ってました。その思いをクリニックで相談したところ、1か月2万前後かかることがわかりました。

しかも、妊娠するまで毎月かかると言うお話。これでは、いくらお金があっても足りない…ということでほとんど諦めていました。

 

そんなときに検索していると「ベイビーサポート」に行き当たり、そのコストの安さに感心し購入しました。

1か月2万円を考えたらもうダメもとでいいや、と使用しはじめてから3か月めに無事妊娠し出産できました。もちろん女の子でした。本当に感謝です。

 

 

もちろん、クリニックによって差がありますから一概にこれだけかかるとは言えませんが、当然保険外治療になりますからそれなりのコストになることは間違いないでしょう。

こうなると産み分けを希望しても、クリニックにかかるとそのコストが…ということで、産み分けを諦めてしまう人が多いのではないでしょうか?

 

 

ベイビーサポートは、クリニックに比べてずっと低コスト

 

ベイビーサポートっていざ購入しようと思って価格を見ると、ちょっと高いなあと思われるかもしれません。しかし、クリニックでの治療と比べたら、そのコスパの良さは分かっていただけるでしょう。

 

先の口コミでも書かれてましたが、一般家庭では初診で3万円から、その後毎月2万円というのはちょっと気合いを入れて挑まないとキビシい金額ではないでしょうか?

 

もちろん、本格的不妊治療などとなるともう一桁、二桁違ってくるのですが…。いずれにしても子どもを授かるのにもお金がかかってしまう世の中です。

 

そんなときベイビーサポートは、1回あたり高くても1,970円ととてもリーズナブルです。まとめ買いすれば1回1400円以下にもなります。おまけにキャンペーンで、余ったベイビーサポートを買い取ってくれるサービスもあります。

 

コストの事を考えれば、クリニックよりもベイビーサポートの方が何倍もよいと思いますよね。クリニックにしてもベイビーサポートにしても、健康保険も効きません。ならばコストだけを見れば、ベイビーサポートがおススメになります。

 

もっとも、使用するだけで産み分けができるわけではありません。実は使用するそのタイミングが大切なので、しっかり排卵日の特定をしなければなりません。クリニックのメリットとしては、排卵日の特定の精度が高いという点はあります。

 

ただ排卵日の特定は、基礎体温をつける事で自分でもできるので、問題はありません。

 

 

ベイビーサポートの産み分けの確率はクリニックとほぼ同じ?

 

ただ、産み分けとなるとその確率が気になりますよね。いくらベイビーサポートが低コストで産み分けできると言っても、確率が低ければ意味がありません。

 

ベイビーサポートの産み分けの確率は、どのくらい成功の確率があるのでしょうか?実はこれについては、ベイビーサポートの数値は公開されていません。

 

ただ、ベイビーサポートに限らずいわゆる産み分けゼリーを使用した産み分けは多く行われています。そんな中、有名な産婦人科医である池川明博士によると、産み分け成功の確率は、女の子を希望する場合で75~80% 、男の子を希望する場合で80~90%と言われているようです。

もちろん100%の確率はどの方法でも無理です。実際ほぼ100%に近い方法もあるそうですが、これは実験段階であり、あまり現実的ではないそうです。

 

そしてこの、女の子を希望する場合で75~80% 、男の子を希望する場合で80~90%という数値ですが、クリニックで産み分けた場合の数値とほぼ同じだそうです。クリニックでは、ベイビーサポートとはまた違ったゼリーを処方するらしいので、結局方法は同じなのかな?という気もします。もちろん全てのクリニックが同じではないとは思いますが…

 

 

ベイビーサポートはコストも産み分け確率も納得

 

ベイビーサポートは累計35万本も出ているということは、それだけ信頼されているとも考えられます。どれだけの成功率だったのか、なかなか見えないところはありますが、これだけの出荷数があるということは、やはりそれだけの反応があるのだと思います。

 

クリニックでも産み分けを指導しているとの事です。クリニックでの産み分けは、医療機器も最新ですし、なんと言っても医師がついてくれますから安心感があります。そして、信頼もできるでしょう。でも産み分けのコストを計算すれば、もう比較する以前の問題でベイビーサポートの勝ちになるでしょう。

 

一番大切な産み分けの確率にしても、クリニックとあまり変わらないということですが、これは実際に使用するタイミング(排卵日の特定)が一番の問題になります。ここの部分は少しだけクリニックに分があると言えるかもしれません。ただ、排卵日の特定は自分でできる事でもあります。

 

なので、購入コストとしても、大事な産み分けの確率的にもベイビーサポートは良い選択なのでは?と思うのです。

 

>>【ベイビーサポート】公式ホームページ<<

 

 

 

 

ベイビーサポートの口コミの真実って?

f:id:c110qpamsq:20171003191411j:plain

 

ベイビーサポートの口コミには

どんなことが語られているので

しょうか?

公式サイトに口コミが掲載されて

いるのでちょっとのぞいてみると…

 

 A様 31

 「何より簡単なのが良いです。」

 購入したのは「ガール」です。

 なんでもそうなんですが、初めて

 使用するものが苦手な私ですが、

 とても簡単に使うことができました。

 準備も面倒な事はなにもありませんでした。

 

 W様 36

 「スムーズでした。」

 産み分けゼリーって、種類があるみたい

 なんですが、ベイビーサポートの場合、

 全部国内で作っていることと

 一回ごとの使い切りというのがいいなと

 思いました。

 個人的な感想なっちゃいますが

 持ちやすさがそう思わせるのか、

 とても使いやすい印象です。

 やはり最初に使うときは

 かなりドキドキしましたけど、

 違和感なく使えました。

 

使い方が簡単だと言う口コミに

終始しましたが、やはりデリケートな

ものなので、使い方に不安を持つ人が

多いということも真実のようです。

でも、それほど心配する必要もないようです。

 

 

ベイビーサポート公式ホームページ

 

 

さて、産み分け自体の口コミを見てみると、

どの手法がよいのか?確率が高まるのか?

産み分けの口コミは、手法の効果について

書かれています。

 

ただ手法によって、色々差があるのかも

しれませんが、それは微々たるもののようです。

ただ、無下に効果なしと決めつけるのも

どうかと思われますので、

ベイビーサポートと併用してみるのも

一案です。

 

もっともベイビーサポートは科学的に

産み分けを行おうとするものですから、

確率はアップすると思われます。

 

口コミでは、様々な産み分け方法を試した

経験談も数多く載せられています。

しかしその印象として、

確率はフィフティフィフティなんじゃないか

と思われます。

 

自然に誕生する場合、弱冠女の子が少ない

もののほぼ確率が50%としたら、

ベイビーサポートを使うという事は、

当たりを50%以上入れた抽選箱から

くじを引くような感じでしょうか?

 

ベイビーサポートはもうすでに35万本

も出荷されているそうです。

全ての方の願いを叶えたか?

というとそこまではさすがに

無理だと思います。

 

ただそれでも引き続き売れているという

事実は間違いないことで、

それはまたどこかで誰かの願いを

叶えているということも間違いない

事実なのです。

 

口コミでは、確率が高いとか低いとか

色々言われるのですが、

もしあなたが願いを叶えたいと思うなら

少しでも確率の高い方を選ぶべき

なんじゃないかなぁと思います。

 

男の子が欲しい、女の子が欲しい

どちらの願いであっても、

ベイビーサポートはあなたの願いに

寄り添うためにあるのです。

 

>>【ベイビーサポート】公式ホームページ<<

 

 

 

 

 

ベイビーサポートは公式ホームページで購入する方がおトクなわけ

f:id:c110qpamsq:20171002225215j:plain

 

ベイビーサポートを購入したいと思った時、

まず検索するのは楽天でしょう。

でも残念ながら楽天では扱いがありません。

 

そこでアマゾンで検索すると…ありました!

 

【女の子用】産み分けゼリー Baby Support Girl

ベイビーサポートガール 7本入り

19,800

 

【男の子用】産み分けゼリー Baby Support Boy

ベイビーサポートボーイ 7本入り

14,755

 

人気の差でしょうか?女の子の方が高くなってますw

価格はボーイを購入するとして税込み14,475円送料無料、

公式サイトで購入すると単品は14904円送料650円なので

送料分アマゾンがお得、(しかもプライム会員なら明日着)

でした。

 

そうするとアマゾンがおトクなのか?

と思われるのでしょうが、

実は見落とすと損をするカラクリがあるのです。

 

それは、公式ホームページでまとめ買いすると

返金キャンペーンが適用されるのです。

 

これは、ベイビーサポートを公式ホームページで

まとめ買いし、ゼリーを使い切る前に

めでたく妊娠された方には残りのゼリーを

1本1,000円で買い取るというものなのです。

 

これを利用すると、

公式ホームページで2箱まとめ買いした方が、

アマゾンで1箱購入するより実はおトク

だということです!

 

実際に計算すると、

最大にコスパが良い場合として、

2箱まとめ買いして1本目のゼリーで

めでたく妊娠した場合…

 

公式ホームページからの

購入費用22,080円(送料無料)

1本しか使ってないので、

買い取り価格一本1,000円で13,000

 

22,080円-13,000円=9,080

 

トータル9,080円で済んでしまうのです!

 

これで計算して行くと、

6本目以内で妊娠確定すれば

公式ホームページでの

まとめ買いの方がおトクなのです!

 

6本使ったので、

残り8本→買い取り価格一本1,000円で8,000

22,080円-8,000円=14,080

7本使用後は176円のマイナスになります。

 

運とタイミングと言ってしまえば

それまでなんですが、6回のチャンスで、

しかも妊活をしているのですから…

 

子どもが授かると、

どうしても出費がかさみます。

それもまた楽しいんですけどね。

 

ただコストを抑えて賢く妊活するのであれば、

ベイビーサポートは公式ホームページで

購入した方がおトクになりますよ。

  

>>【ベイビーサポート】公式ホームページ<<

 

 

 

 

男の子を産み分けるさまざまな方法とは?

f:id:c110qpamsq:20171002230456j:plain

 

ベイビーサポートにはボーイとガールの

二種類のゼリーがありますが、

男の子を希望する場合はベイビーサポートボーイを

使用することになります。

 

男の子になるY精子は、アルカリ性の環境下

では活動が活発になるという特徴があります。

この特性を活かして、ベイビーサポートボーイで

膣内をアルカリ性に保てばY精子X精子より

優位になり、男の子が授かる可能性が

高くなるという方法です。

 

しかし、他にも様々な男の子を授かるための

方法があるのです。

 

たとえば、最低でも5日間禁欲すると

男の子が生まれやすいという方法があるそうです。

これは、ある程度裏付けがあって、射精の回数が減ると、

精子が溜まり1度に放出される精子の数が増加します。

すると、1回の性交における精液中の精子数が

増えるので、Y染色体を持つ精子

割合が上がるためだそうです。

 

この方法の注意点として、

禁欲日数がある程度以上過ぎてしまうと

逆に受精しにくくなるとされています。

そのため、あまり長期間にわたる

禁欲生活は避けた方がよいでしょう。

 

また、Y染色体精子は、

熱に弱いとされています。

そのため長風呂や通気性の悪い

下着は避けましょう。

 

他にもクリニックで処方される、

リンカルを摂取するという方法があります。

 

もともと赤ちゃんの先天性異常を

予防するために、サプリメントとして

リンカル(リン酸カルシウム)が

処方されていました。

 

ところが、リンカルを服用した女性から

産まれた赤ちゃんの性別が

ほとんど男の子だったため、

男の子産み分けの方法として

処方されるようになりました。

 

リンカルを希望する場合は、

産み分けを指導を行っている

クリニックで処方しています。

 

ただし、ベイビーサポートと共に

リンカルの摂取を考えている場合は、

必ずドクターに相談してから

処方してもらうようにしましょう。

 

>>【ベイビーサポート】公式ホームページ<<

 

 

 

 

 

 

クリニックと産み分けについて

f:id:c110qpamsq:20171002230707j:plain

 

ベイビーサポート以外に男女産み分けの方法としては、

男の子の生まれる確率が高くなるように、

リンカルという内服薬を飲む方法があります。

クリニックで処方される事が多いのですが、

これはひとつ問題があるのです。

 

リンカルは2ヶ月間毎朝夕に服用する必要があって、

これが1回でも欠かせてしまうと、

また最初からやり直しとなるのです。

 

その反面ベイビーサポートであれば、

1回の使用で効果が期待できるので、

安心して使いやすいと思います。

 

もちろんベイビーサポートを使ったからといって、

必ず希望した性別の赤ちゃんが

授かるかどうかは分かりません。

本来産まれてくる赤ちゃんの性別は、

男の子が50%、女の子が50%と平等なのです。

しかし、各種の産み分け方法を行う事で

欲しい性別の確率が上がることは確かなのです。

 

非公式の統計ということで

理解いただきたいのですが、

男女の産み分けを行ったところ、

男の子を希望した人の8191%、

女の子を希望した人の7080%が

希望を叶えられたということです。

 

また、最近では産み分けを病院で

行うことも増えてきましたが、

保険が適用されないため、

費用が高額になってしまうことがあります。

 

ただし、排卵日の特定のためクリニックを

使う事はおススメしたいところです。

ベイビーサポートを始めとして、

さまざまな産み分け方法がありますが

いずれも排卵日の正確な特定が

ポイントとなります。

 

>>【ベイビーサポート】公式ホームページ<<

 

 

 

産み分けができるしくみとその使い方

f:id:c110qpamsq:20171002231224j:plain

 

ベイビーサポートはph値をコントロールして

産み分けをサポートします。

たとえば男の子となるY染色体は、

アルカリ性に強く酸性には弱いという特徴があり、

女の子となるX染色体は酸性に強くアルカリ性には

弱いという逆の特徴があるのです。

 

このそれぞれの特徴を生かし、

男の子が欲しい場合にはベイビーサポートボーイを

使うと膣内がアルカリ性に保たれ、

Y染色体を持つ精子が優位になります。

 

逆に女の子を希望する場合は、

ベイビーサポートガールを使用すると、

膣内は酸性に保たれ、

X染色体の精子が優位になります。

 

 

女の子を希望する場合、

ベイビーサポートガールの使い方

 

先に書いてあるように、女の子を希望する場合は

X染色体の精子に有利な環境を整えることが大切です。

また性交渉は排卵2日前に行うこと。

 

これは、通常膣内は酸性に保たれているのですが、

排卵日にはアルカリ性に傾くという性質があります。

このため女の子を希望する場合、X染色体の精子

優位になるように、膣内が酸性になっている状態の

排卵日前がタイミングとなります。

 

また、寿命が23日とY染色体よりも長いため

排卵日より早めに準備しておく事でより女の子になる

X染色体が残りやすくなります。

 

 

男の子を希望する場合、

ベイビーサポートボーイの使い方

 

男の子を希望した場合Y染色体の精子

受精しやすい環境を整える必要があります。

まず、排卵日当日がゼリーの使用日で

性交もこの当日に行ってください。

 

Y精子X精子より相対数が多く運動能力が高い

という特徴があるのですが、

膣内の酸性環境では弱められるため、

男女の産み分け確率は半々であると言われています。

 

そこで、最も酸性値が低くなる排卵日当日に、

膣内をアルカリ性に傾けるベイビーサポートボーイを

使用すると、酸性値がさらに下がりY精子優位となります。

アルカリ性に傾いた環境では、

本来数が多く運動量も豊富なY精子が有利になり

男の子が生まれる確率が高くなるのです。

 

ベイビーサポートは、産み分け確率を高めるため

タイミングを測って使用する必要があるのです。

 

>>【ベイビーサポート】公式ホームページ<<