ベイビーサポート産み分けの確率はどうなんでしょ?

ベイビーサポートは男女の産み分けをサポートするゼリーです。その産み分け成功確率は実際の所どうなんでしょうか?ベイビーサポートの確率について調べてみました

ベイビーサポートは公式ホームページで購入する方がおトクなわけ

ベイビーサポートを購入したいと思った時、まず検索するのは楽天でしょう。

でも残念ながら楽天では扱いがありません。

 

となるとアマゾンで検索…するとありました。

 

【女の子用】産み分けゼリー Baby Support Girl ベイビーサポートガール 7本入り

19,800

 

【男の子用】産み分けゼリー Baby Support Boy ベイビーサポートボーイ 7本入り

14,755

 

人気の差でしょうか?女の子の方が高くなってますw

価格はボーイを購入するとして税込み14,475円送料無料、

公式サイトで購入すると単品は14904円送料650円なので

送料分アマゾンがお得、(しかもプライム会員なら明日着)でした。

 

ならばアマゾンがおトクなのか?と思われるのでしょうが、

実は見落とすと損をするカラクリがあるのです。

 

それは、公式ホームページでまとめ買いすると返金キャンペーンが適用されるのです。

これは、ベイビーサポートを公式ホームページでまとめ買いし、ゼリーを使い切る前に

めでたく妊娠された方には残りのゼリーを1本1,000円で買い取るというものなのです。

 

これを利用すると、

公式ホームページで2箱まとめ買いした方が、

アマゾンで1箱購入するより実はおトクだということです!

 

実際に計算すると、

最大にコスパが良い場合として、2箱まとめ買いして1本目のゼリーで

めでたく妊娠した場合…

 

公式ホームページからの購入費用22,080円(送料無料)

1本しか使ってないので、買い取り価格一本1,000円で13,000

 

22,080円-13,000円=9,080

 

トータル9,080円で済んでしまうのです!

 

これで計算して行くと、6本目以内で妊娠確定すれば

公式ホームページでのまとめ買いの方がおトクなのです!

 

6本使ったので、残り8本→買い取り価格一本1,000円で8,000

22,080円-8,000円=14,080

7本使用後は176円のマイナスになります。

 

運とタイミングと言ってしまえばそれまでなんですが、

6回のチャンスで、しかも妊活をしているのですから…

 

子どもが授かると、どうしても出費がかさみます。

それもまた楽しいんですけどね。

 

ただコストを抑えて賢く妊活するのであれば、

ベイビーサポートは公式ホームページで購入した方がおトクになりますよ。

  

>>【ベイビーサポート】公式ホームページ<<

 

 

 

 

男の子を産み分けるさまざまな方法とは?

ベイビーサポートにはボーイとガールの二種類のゼリーがありますが、

男の子を希望する場合はベイビーサポートボーイを使用することになります。

 

男の子になるY精子は、アルカリ性の環境下では活動が活発になる

という特徴があります。

この特性を活かして、ベイビーサポートボーイで膣内をアルカリ性に保てば

Y精子X精子より優位になり、男の子が授かる可能性が高くなるという方法です。

 

しかし、他にも様々な男の子を授かるための方法があるのです。

 

たとえば、最低でも5日間禁欲すると男の子が生まれやすいという

方法があるそうです。これは、ある程度裏付けがあって、

射精の回数が減ると、精子が溜まり1度に放出される精子の数が増加します。

すると、1回の性交における精液中の精子数が増えるので、Y染色体を持つ精子

割合が上がるためだそうです。

 

この方法の注意点として、禁欲日数がある程度以上過ぎてしまうと

逆に受精しにくくなるとされています。

そのため、あまり長期間にわたる禁欲生活は避けた方がよいでしょう。

 

また、Y染色体精子は、熱に弱いとされています。

そのため長風呂や通気性の悪い下着は避けましょう。

 

他にもクリニックで処方される、リンカルを摂取するという方法があります。

 

もともと赤ちゃんの先天性異常を予防するために、

サプリメントとしてリンカル(リン酸カルシウム)が処方されていました。

 

ところが、リンカルを服用した女性から産まれた赤ちゃんの性別が

ほとんど男の子だったため、男の子産み分けの方法として

処方されるようになりました。

 

リンカルを希望する場合は、産み分けを指導を行っている

クリニックで処方しています。

ただし、ベイビーサポートと共にリンカルの摂取を考えている場合は、

必ずドクターに相談のしてから処方してもらうようにしましょう。

 

>>【ベイビーサポート】公式ホームページ<<

 

 

 

 

 

 

クリニックと産み分けについて

ベイビーサポート以外に男女産み分けの方法としては、

男の子の生まれる確率が高くなるように、

リンカルという内服薬を飲む方法があります。

クリニックで処方される事が多いのですが、これはひとつ問題があるのです。

リンカルは2ヶ月間毎朝夕に服用する必要があって、

これが1回でも欠かせてしまうと、また最初からやり直しとなるのです。

 

その反面ベイビーサポートであれば、1回の使用で効果が期待できるので、

安心して使いやすいと思います。

 

もちろんベイビーサポートを使ったからといって、必ず希望した性別の赤ちゃんが

授かるかどうかは分かりません。

本来産まれてくる赤ちゃんの性別は、男の子が50%、女の子が50%と平等なのです。

しかし、各種の産み分け方法を行う事で

欲しい性別の確率が上がることは確かなのです。

 

非公式の統計ということで理解いただきたいのですが、

男女の産み分けを行ったところ、

男の子を希望した人の8191%、女の子を希望した人の7080%が

希望を叶えられたということです。

 

また、最近では産み分けを病院で行うことも増えてきましたが、

保険が適用されないため、費用が高額になってしまうことがあります。

ただし、排卵日の特定のためクリニックを使う事はおススメしたいところです。

ベイビーサポートを始めとして、さまざまな産み分け方法がありますが

いずれも排卵日の正確な特定がポイントとなります。

 

>>【ベイビーサポート】公式ホームページ<<

 

 

 

産み分けができるしくみとその使い方

ベイビーサポートはph値をコントロールして産み分けをサポートします。

たとえば男の子となるY染色体は、アルカリ性に強く酸性には弱いという特徴があり、

女の子となるX染色体は酸性に強くアルカリ性には弱いという逆の特徴があるのです。

 

このそれぞれの特徴を生かし、男の子が欲しい場合にはベイビーサポートボーイを

使うと膣内がアルカリ性に保たれ、Y染色体を持つ精子が優位になります。

 

逆に女の子を希望する場合は、ベイビーサポートガールを使用すると、

膣内は酸性に保たれ、X染色体の精子が優位になります。

 

 

女の子を希望する場合、ベイビーサポートガールの使い方

 

先に書いてあるように、女の子を希望する場合はX染色体の精子に有利な環境を

整えることが大切です。また性交渉は排卵2日前に行うこと。

 

これは、通常膣内は酸性に保たれているのですが、

排卵日にはアルカリ性に傾くという性質があります。

このため女の子を希望する場合、X染色体の精子が優位になるように、

膣内が酸性になっている状態の排卵日前がタイミングとなります。

 

また、寿命が23日とY染色体よりも長いため排卵日より早めに準備しておく事で

より女の子になるX染色体が残りやすくなります。

 

 

男の子を希望する場合、ベイビーサポートボーイの使い方

 

男の子を希望した場合Y染色体の精子が受精しやすい環境を整える必要があります。

まず、排卵日当日がゼリーの使用日で性交もこの当日に行ってください。

 

Y精子X精子より相対数が多く運動能力が高いという特徴があるのですが、

膣内の酸性環境では弱められるため、男女の産み分け確率は半々であると言われています。

そこで、最も酸性値が低くなる排卵日当日に、膣内をアルカリ性に傾ける

ベイビーサポートボーイを使用すると、酸性値がさらに下がりY精子優位となります。

アルカリ性に傾いた環境では、本来数が多く運動量も豊富なY精子が有利になり

男の子が生まれる確率が高くなるのです。

 

このようにベイビーサポートは、産み分け確率を高めるため

タイミングを測って使用する必要があるのです。

 

>>【ベイビーサポート】公式ホームページ<<

 

 

 

 

 

 

 

産み分けを望んではいけないの?

ベイビーサポートは男女の産み分けを希望を叶える

力強い味方です。

 

男の子が欲しい、女の子が欲しい…ママになる人の中には

こんな希望を持つ人がいます。

 

でも一方では、その希望を戒める人もいます。

その理由としては…

何かの力を借りて、希望の子どもを授かるというのは

自然ではないからという事らしいのです。

 

でも皆さんよくご存知だと思いますが

日本では男の子が重視されて来た歴史があります。

それは、男子でないと家が継げないという長年のしきたりが

あったからです。

しかも現代に至っても、いまだ社会は男系社会のままです。

何かの力に頼る、頼らないに関わらず、

どちらか一方の性を望んで来た歴史があることは、間違いありません。

 

だから、産み分けを望んでもおかしくない…とは言いませんが

本来、望みは人それぞれ自由であるべきでしょう。

それが産み分けであっても、望む自由はあると思います。

 

ですから、なにも後ろめたく思う必要はないのです。

産み分けの希望を戒める人たちも結局は、その人個人の信条か

生理的な感情でしかないのです。

自信をもって自分の希望を前向きに率直に言いましょう。

 

誰のものでもない、あなたの赤ちゃんなのですから。

ぜひベイビーサポートを使って

希望を叶えてください!

  

>>【ベイビーサポート】公式ホームページ<<

 

 

 

 

 

 

 

 

ベイビーサポートの使い方で難しい点は?

ベイビーサポートの使い方は難しいのでしょうか?

いえそんな事はありません。

使うタイミングさえ間違わなければとても期待のできるものなのです。

 

ただし、ひとつだけ大事な事があります。

それは、排卵日の特定なのです。しかも正確な特定が必要なのです。

なぜなら、ベイビーサポートの使い方やタイミングは全てこの

排卵日を起点としてその前後になるからなのです。

 

例えば女の子を希望する場合は、排卵日の2日前がチャレンジする日となり

男の子を希望する場合は、排卵日当日がチャレンジする日となります。

いずれもベイビーサポートガール、ボーイと使うゼリーも違います。

 

排卵日を特定する方法ですが、これはマメに基礎体温

記録する方法が一般的です。

体温の微妙な変化を見極めて排卵日を特定するのですが、

これは地味で根気のいる方法です。また正確性が極めて高い訳でもありません。

 

おススメは、クリニックで調べてもらう方法です。

ここでは卵胞チェックという事を行うのですが、卵胞とは、卵巣内にある袋状の組織です。卵胞が成長して大きくなると、排卵が起こり受精に必要な成熟した卵子

卵管を通って子宮内へと送り出されるのです。

排卵時の卵胞の大きさ、成長スピードがある程度解明されていることもあって、

卵胞チェックをすると、ある程度排卵日の予測ができるのです。

 

費用は病院やクリニックによって変わりますが、

経膣超音波検査での卵胞チェック検査代としては、1500~3000円程度のようです。

 

ベイビーサポートでもコストがかかるのに、またプラスのお金がかかるのか…

と思われますか?

でも、確実に希望を叶えるためなら十分安いんじゃないかなと思いますよ。

それに、ベイビーサポートはおめでたキャンペーンと称して、

余ったゼリーの買い取りもしているようですから、

できるだけ無駄な出費を抑えることも可能なんです。

 

確実に産み分けの希望を叶えたい時、ベイビーサポートの使い方としては、

クリニックでの卵胞チェックと合わせる事をお勧めします。

 

>>【ベイビーサポート】公式ホームページ<<

 

 

 

ベイビーサポートの購入に踏み切れない理由

ベイビーサポートの購入に踏み切れない理由のひとつに、

コストが高いと思われている方が多いようです。

 

では、産み分けサポートリニックではどの程度コストが必要なのでしょうか?

 

もちろんそのクリニックによってコストは違いますが、

調べてみると一回7000円前後はかかるそうです。

これに諸経費などがかかる所ではまた少し高くなる模様です。

 

さて、ベイビーサポートを購入した場合はどの程度必要なのでしょうか?

1セットのみだと,1,3800円で、7本セットですから1回あたり1,970円となります。

意外にが高くないということを分かって頂けると思います。

 

また、産み分けでクリニックの場合、まず調べて情報を集めクリニックを探し、

そこへ訪問する…これ結構ハードル高いですよね。

(しかも近くにあればいいのですが…)

 

そして見つけても、そのクリニックで不妊治療している人だけとか

制約や決まりがあったりして、その途中で諦める人もいるようです。

そんな話を聞くとクリニックへ行く事は億劫になりますよね。

 

このあたり人によって判断が分かれる所ですが、意外にコストが安いことを考えると

ベイビーサポートもありかなと思えます。

もし気になるのでしたら、一度チェックしてみませんか?

 

>>【ベイビーサポート】公式ホームページ<<